• HOME
  • お電話
  • メール

株式会社住成ハウジング

新築/中古一戸建て、中古マンション、土地、高槻市、茨木市の不動産物件を多数取り揃えております

株式会社住成ハウジング

  • 自己資金0円でも購入可能。ヒミツはこちら
  • お問い合わせ、各種ご相談は072-676-8008
  • 売りたい方はこちら
  • 好みのお家を建てたい方はこちら

スタッフブログ

賃貸VS持ち家

今回は永遠のテーマ

「賃貸VS持ち家」についてお送りしたいと思います。

賃貸VS持ち家 トップ
賃貸と持ち家がどっちが良いのか、どっちが得なのか…

色々議論されたテーマですが、不動産会社の視点から見てみたいと思います。
賃貸と持ち家どちらにもメリットとデメリットがありますので、一度、整理して考えたいと

思います。

◎賃貸のメリットとは

●気軽に引越しが容易である事。

家族構成やライフスタイル、仕事の転勤、学校の通学などの

変化により、家を引っ越さなくてはならない時に、賃貸であれば

気軽に引越しをする事ができます。

 

●家の維持費が不要である事。

賃貸住宅の場合、建物に附属している設備や機器(エアコンや給湯器等)が

壊れた場合、その修理費用は大家が負担する事になります。

また建物や設備が古くなった場合なども、気軽に新しい設備のある家(マンション)に

引っ越す事で、新しい家で生活をする事ができます。

そして、家賃が必要にはなりますが、住宅ローン、固定資産税などや分譲マンション

などの修繕積立金や管理費などの負担もありません。

地震などの災害が起こったとしても、引っ越す事が出来ますので家の修理に対する負担は

ありません。

×賃貸のデメリットとは

●家のグレードが持ち家や分譲マンションに
 比べると、質感や広さなどが劣る部分がある。

これは、賃貸だけ住む場合には気にならない点ですが、実際の新築戸建や分譲マンション

の家を見て貰えれば一目瞭然です。 住宅設備機器(キッチン・バス・洗面・トイレ)や

設備(床暖房・浴室乾燥暖房・食洗器など)や実際の空間(広さ)玄関やお風呂などの広

さも大きく異なり、マイホームへ憧れを抱く人も多いと思います。

●部屋のリフォームが難しい。

賃貸住宅の多くは原状回復が基本であり、リフォームや改造などは基本、家主の許可が

必要であり、また許可が出にくいものです。壁に釘なども刺せないなど制約がついてま

わります。

 

●家賃が住み続ける間、永続して発生する。

働いている場合、家賃の支払いが大きな問題にはならないですが、老後の年金暮らしの

場合でも家賃が発生しますので、預貯金が目減りし続ける状態が続きます。

また、賃貸では新たな入居の際に入居審査がありますが、高齢になればなるほど、

審査が通りにくくなり、入居できる物件が少なくなっていきます。

 

●ペットが飼える家が少ない。

動物好きな方や、既にペットを飼われている方が新たに賃貸でペット可の家を探すと、

物件が非常に数が少なくなります。動物を飼う事により、家の摩耗が激しくなり、

臭いも残るので、ペット禁止の物件が非常に多いからです。またペット可のマンション

内でのトラブルもあり、ペットを飼うなら持ち家を検討した方が良いと考える方が多い

です。

 

●資産にならない。

持ち家とは異なり、賃貸の場合、ずっと家賃を支払い続けても家が自分のものには

なりません。

 

一方、持ち家の場合のメリットとは

●家の質が高く、満足感が得られる。

新築住宅の場合、家の耐震性や省エネもさることながら、住宅設備のグレードが

賃貸住宅に比べると高い場合がほとんどです。新築でなくても、築浅の物件であれば、

設備も新しく十分満足感が得られます。また、リビングや居室の広さ、収納力なども

賃貸とは多く差がある所です。

●自由にリフォームが出来る。

家族構成や、ライフスタイルの変化、老朽化などがあっても、自由にリフォームをする

事が出来ます。

●ペットが自由に飼える

ペットが自由に飼えるから、持ち家にしたという方も多いと思います。

自分の家だから自由に飼えるとはいっても、ご近所の方とトラブルにならないように

配慮も必要です。

●資産として残る

住宅ローンを組んだ場合、ローン返済が必要ですが、完済すれば、自分の資産として

残り、老後に住む家に心配することもありません。建物が老朽化しても、土地として

処分する事ができますし、自分が住まなくなった場合は、人に貸す事で現金収入を得る

事もできます。また、購入する際に優遇措置(住宅ローン減税や、グリーンポイント等)

を受ける事ができれば、さらに大きなメリットになります。今であれば、購入の際の住宅

ローンが低金利もメリットとなります。

持ち家の場合のデメリットとは

●気軽に引越しができない。

賃貸と真逆になりますが、諸事情等により、引越しないといけなくなった場合、

持ち家だと、容易に引越しができない。

住宅ローンの支払いと家賃の支払いが二重になり、支払いが困難になります。

ただ、家を売却をした後、住替えたり、賃貸に引越したりする事も可能ではありますが、

家の売却は、右から左に事がスムーズに運ぶとは限らず、多少の時間が必要になります。

また、住宅ローンの残高>売却額の場合、売却したくても売れない場合があります。

●購入費用が高額になる。

賃貸とは違い、家の購入となると、立地条件や家の大きさなどにもよりますが、購入費用

としては、人生の買い物の中では一番高い買い物になるという方がほとんどです。

 

●家の修繕費用など全て自己負担

自分の家の事は自分で解決しなくてはなりません。給湯器や屋根、外壁など経年による

劣化や故障が起きた場合は、全て自己負担となります。使用耐久年数などがありますので

それぞれの故障に備える必要があります。また毎年固定資産税が必要になります。

分譲マンションの場合、管理費と修繕積立金などが毎月必要になります。

 

以上がそれぞれのメリット、デメリットとなります。

賃貸は気軽に住める手軽さが最大のメリットにはなりますが、やはり仮住まいとしての側面が

強く、将来の事を考えたり、リフォームの事や資産の事を考えて、毎月の支払いに無理がない

範囲で購入した場合、最終的には資産として残り、老後住まいの心配がないなどを考えると持

ち家の方がメリットが大きいように思います。

ただ、これも個人個人の意見や考え方によって、尺度が変わるものですので、正解とはならない

ところもありますが、今このページをご覧頂いているの多くは、家を探している方がほとんど

だと思いますので、当社ではマイホームをお探しの皆さまを全力で応援したいと思います。

 

スミセイ君
スミセイ君

こちらの記事を書いたスタッフの最新記事